出会った頃は神待ち少女だって気がつかなかったけど……

出会った頃は神待ち少女だって気がつかなかったけど、私が出会い系サイトを利用して知り合った少女は、どうやらいわゆる神待ちだったみたいなんですよね。
出会い系サイトを利用している人だったら、神待ち少女っていうとどんな女の子なんだか、当然知っていると思います。
むしろ、出会い系サイトを利用に関しては、私のほうが色々と知らないことが多いくらいですよ。
何しろ私は出会い系サイトの初心者で、出会いの経験が浅いからこそ、神待ち少女って言っても最初は何のことだか全然わからなかったくらいなんですよ。
どうやらそういう存在がいるらしいということも、出会い系サイト関連の情報をいろいろ調べているうちに知ったことで、時代遅れな奴だと思われるかもしれませんが。

で、私がメル友として知り合った少女が神待ちだったからといって、特に何か大きな問題があったのかといえば、そんなことはありません。
むしろ、彼女が神待ち少女だということがいまだに信じられないくらいですし、少なくとも、私の頭の中にある神待ち少女のイメージは、それほど悪いものではなくなりました。
私も、出会い系サイトを利用し始めて、それほど長い時間はたっていないのですが、それでも、出会い系サイトを利用し始める前から、神待ち少女に関するうわさも聞こえてきました。
そんなにいいうわさではなかったんですよね、だから神待ち少女って、それほどいい子ではないんだろうなって。

でも実際は、その子がいいか悪いかというより、神待ち少女であることさえ相手に言われなければわからないくらい、つまりごく普通の女の子でした。
呼び方がちょっと他とは違うだけ……神待ち少女なんて、言い出したのは結局どこかの大人なわけで、本人たちはきっと、特別なことをしている意識はないんですよ。

神待ち少女といえば、やっぱりぱっと出てくるのは援助交際の話題ですよね。
神待ち少女って、やむにやまれぬ事情があって家を飛び出してきて、その状態でちょっと生活に困っているようなイメージで言われることがあります。
生活に困っているというくらいだから、弱弱しい存在なのかというと、実際は全然そんなことは無いですよ。
むしろしたたかです、自分から援助交際を持ちかけて、それで援助交際を仕掛ける女の子も多いです。
たまに未成年者が混ざっているので、男性は特に気を付けなければいけないんですけど。

弱弱しいイメージとは裏腹に、別に家出しているわけではないのに、神待ち掲示板とかを利用して男たちを誘って、しっかり小遣い稼ぎをしている人もいますね。

自分が神待ちをしているといえば、それだけで喜ぶ男性もいるみたいです。
援助交際という、ちょっと特殊な男女の関係が前提になっても、喜んでお金を払って関係を持ちたがるのです。
むしろ、お金という条件があって簡単に割り切れる方が、あとくされがなくていいと考えるみたいですよ。
男女の関係に関する考え方はもちろん人それぞれですが、お金を払って関係を持ち、それで満足できるというのであれば、自己責任の範囲で、好きなようにすればいいと思います。
ただ、やはり出会い系サイトを利用していると、援助交際がらみのトラブルが多いらしいという話は聞きますけどね。

私が逆援助で豪遊!稼げる逆援アプリ 全国対応を利用して知り合った少女も、実際は家出しているわけではない、自称の家出少女でした。
援助交際をしたいなら、まず出会い系サイトに登録して、実は私家出少女なんですということをアピールしたほうが、男との関係を持ちやすいそうですよ。
援助交際をしたいと考える男たちは、その関係はできるだけあとくされのない関係のほうが好都合なんです。

援助交際という関係があまりほめられたものではないということは、よくわかっているでしょう。
妻子を持ち、さらに社会的な地位も持つ男性だったら、ちょっと好奇心などから始めた援助交際という男女関係がきっけになって、それらをすべて失うことになるかもしれないということはわかっているはずです。

どういう女の子と援助交際をすれば、後になって発覚しやすいのか、それはもちろん、家族との関係がある程度密になっている女の子です。
例えば、ちょっとわが娘の帰宅時間が遅いだけで家族が騒ぎ立てる、というような子は、援助交際のパートナーとしては不向きなのです。

そういう女の子よりは、しょっちゅう夜遊びを繰り返して、最初は家族も厳しくしかっていたけれど、何度言って聞かせても娘が夜遊びをやめないので、結局は家族がすっかりあきらめてしまって、ほったらかし、というヤンキーみたいな女の子のほうが、援助交際のパートナーとしては選びやすいのです。
当たり前のことですけれど。

それを考えたら、私が出会い系サイトを利用して知り合った女の子は、実際には家出をしていないけど、お小遣い稼ぎのために家出をしていることにして、神待ち掲示板から男との出会いを求めているという変わった子でした。
掲示板上で遊んでいることがばれたら怒られないか、トラブルにならないのか、といろいろ考えてしまいますが、その子曰く、自分が本当にピンチになった時(例えば、援助交際のパートナーと金銭のことでもめたり、そのほか、何か深刻なトラブルが発生したとき)、親の名前を出したりすると、相手の男性がひるむのだそうです。

相手はその子がてっきり家出少女だと思って油断しているわけですが、そうではないとわかればびっくりするでしょう。
その子の言葉通りに親に地区られたりすれば、自分は仕事を首になるかもしれないし、あるいは家族と離婚をすることになってしまうかもです。
そういうトラブルは起こすわけにはいかないので、例えば金銭に関することでもめたとしても、援助交際に手を出した男性としては、おとなしく女の子の要求を呑むしかないのです。

コメントは停止中です。