即アポの定番」カテゴリーアーカイブ

不倫サイトで不倫 しかし私達は相当注意をしなければならない

不倫サイトを利用したいというものの、不倫という言葉にちょっと違和感を持っていたりしませんか?不倫という言葉を滅茶苦茶嫌っている人たちもいるようです。不倫という言葉は健全ではありませんし、そのような言葉を使用したくないという人たちは、浮気という言葉を使用すれば良いのです。微妙ですが、不倫という言葉は映画のタイトルにはなるもの、歌の中になかなか歌詞のフレーズとして入れにくいですよね。

歌詞なら浮気の方が良いです。しかし、絶対に不倫が歌詞として駄目ということではなく、甘いロマンスのようなものがここに漂っていたりします。しかし、不倫って、ホラーチックでもありませんか。非常に不倫ってリスクが高くて、恐怖の対象なのです。浮気の方が、もっとぼやけたロマンチック寄りのもののようです。

不倫は嫌だけど、ちょっと毛の生えた浮気程度ならなんて思っていると、やっぱりしていることは、浮気と変わらず、危険なリスクを抱えてしまうことになります。でも、浮気という意味なら、結婚している人たちだって、ちょっと心が相手によろめけば、浮気という言い方をし、それは、行動ではなくいたってメンタルなモノだけでもいいます。

アイドルに浮気心を持つという言い方をしても、アイドルに不倫という言い方はしませんし、やっぱり不倫の方が深刻と考えるべきです。

不倫と浮気の違い

浮気をインターネットで調査すれば、妻や夫など、定まった人がいながら他の異性と関係を持ってしまうことと書かれて不倫は、 男女の関係が人の道に外れることとあり、そこでみなさんフムフムと頷くのかもしれませんが、こんなのあまり意味合いに大差ないではありませんか。

「不倫」はどちらか一方、あるいは両方が既婚者であるというのが限定のようですが、浮気の場合は、恋人同士の関係でも使用したりしますよね。一度発覚してしまえば、浮気と言われた方が全然罪が軽い感じがします。不倫は法律的に関わる言葉であり、浮気はそうでないということで区別をしている人たちがいるようですが、実際にそれも正解ではありません。

法律的には、不倫という言葉も浮気という言葉も存在してないのです。 法的に言えば大事なのは、重要なのは不貞行為があったかないかということです。じゃあ、 不貞行為ってなんなのでしょうか。それは、配偶者以外の異性との性交渉やその類似行為を言います。

不倫サイトで、もしもみなさんが異性と出会い、セックスをしなければ、別に不倫や、浮気と言われないのです。喫茶店で会い、楽しい会話をしていれば、法的には、不倫でも、浮気でもないということになりますが、しかし、世間は浮気とは少なくともいうでしょうね。そして、不倫とも言うでしょう。

俗っぽい世間の思想では、既婚者が、旦那以外の人と喫茶店でお茶を飲んで話しをするだけの関係なんて存在しないと思っているのです。でも、実際に不倫行為は、証明されなければ浮気と言われても不倫ではありませんし、ホテルの出入りなどしっかりフォーカスされない限り、喫茶店でお茶を飲んでただけの友だちと主張することが出来ます。しかし、そのようなものも一緒に浮気は浮気ではないでしょうか。

不貞行為は離婚原因のひとつに過ぎない

しかしですね、不倫というものをもしも裁判で争うというときには、不貞行為は離婚原因のひとつに過ぎないと言います。不貞がないとしても喫茶店でお茶して、生活費を入れないとか、育児を全然無視ということがあれば、裁判では離婚を認められるケースは、今までも往々にして存在しているのです。

不倫、それは魅力的なものかもしれません。しかし、やっぱり私達は、そのようなものに対して相当に注意をしなければなりません。

不倫サイト

恋愛の世界は圧倒的に女性が有利だといわれますが

私は実際に長い間出会い系サイトを利用していますが、素敵な出会いのチャンスをゲットできたと実感できたことはまだありません。それは単純に、私が異性との出会いをあまりにも高望みしすぎているせいではないかと思われるかもしれませんが、自分ではそういうつもりも特にないのです。

そもそも、高望みができるほどたくさんのチャンスを手にしていません。恋愛とか、そのほかのことでいろいろと高望みをする人というのは、結局高望みができるくらいに「チャンスをたくさんゲットできている人」だと思うのです。私にとってはまず、素敵な出会いのチャンスをゲットしたいと思ってもそのチャンス自体が手に入らないので、高望みをしたくてもなかなかそれができないのです。

確かに私は女なので、多くの男性に比べれば、比較的有利な条件で出会い系サイトを利用できるというのは事実です。しかしながら、いくら有利な条件で出会い系サイトを利用できるといっても、サイトが利用できればそれだけで素敵な出会いが実現できるというわけではありません。出会い系サイトを利用しているだけで素敵な人が見つかってあっさり結婚できるのであれば、本当に誰も苦労はしないのです。

なぜ私が素敵な出会いのチャンスをゲットできないのか、それは自分でもよく分かっているつもりです。まず私はどう考えても不細工です。結局のところ、顔さえよければ多少は不細工であってもモテるというのが私の考え方です。ただの嫉妬ですが、テレビに出ているアイドルとか、顔がいいってだけでお金を稼ぎやがってというふうに猛烈に腹が立ってしょうがない時があります。

もちろん、テレビに出ているアイドルたちが、見た目だけでお金を稼いでいるわけではなく、とても人には言えないような苦労をたくさんしているのだということは十分に分かっているつもりなのですが、それでも、ちやほやされていることがうらやましくてしょうがないのです。

結局、顔がいい男女がモテます。これは事実です、もちろん、人間の価値は顔だけでは決まらないというのも事実かもしれませんが、少なくとも初対面のうちは、見た目くらいしか他人を判断できる要素がないわけです。他人のことを見た目以外の部分で判断できるようになるのは、第一印象がある程度決まってからです。

他人を好きになるか嫌いになるかということを考えた時、第一印象というのはとても大事で、いくら後から「性格の良さ」などをアピールしようとしても、そういうのはどうしてもインパクトが弱くなってしまうということが多いのです。

読まれている記事抜粋→おすすめ出会系アプリを紹介!安くてサクラなしで会えるアプリとは?

セフレを募集できる掲示板みたいなものがあるんですね

出会い系サイトといってもいろいろな種類があるのだということがわかって面白いです。例えば出会い系サイトというものが、かなり昔あった店舗型のテレクラみたいに土地に店を立てて運営する形式だったら、人気のない店は維持費が払えなくてどんどんつぶれていくと思うんですよね。

ところが出会い系サイトというものはネット上で運営されているものですが、もちろん経営者の存在はあるんですけど、維持費にそれ程大金が必要になるわけではないので、バリエーション豊かな出会い系サイトが色々と出てくるわけですよ。もちろんでてきたサイトの中には悪徳なものもあるので、そのあたりのサイトのチョイスに関しては気を付けなければならないんですけど。

男女の出会いを求めるといったって、どういう出会いを望んでいるのかということは人によって違います。だから出会い系サイトというものは、誰にとっても自分が望んでいるような出会いを求められるもの、自由な使い方ができるものであったほうがいいのです。店舗型で出会い系サイトを作るとしたら、どうしても店ごとの特色が強く出過ぎてしまうので、利用者の側が自由な使い方をするのではなくて、どちらかというと利用者の側が店の特色に合わせて出会い方を考えるというパターンになると思うんですよね。だから、マイナーな出会いを実現させてくれる出会い系サイトは、模試店だったらつぶれてしまうだろうなって、そういうことが造像できる分けです。

もちろん、出会い系サイトにしたってマイナーな出会いを実現させてくれるサイトは、マイナーな分だけ利用者が少なかったりするんですが、それでもそういうサイトを利用して出会いを求めたいと考えている人がいるのは事実です。私が特に出会い系サイトを利用し始めてから「これは本当にマイナーだな」と思ってびっくりしたのが「セフレを募集するために利用する掲示板」です。しかしながら、これは私がほとんど勝手に「マイナーだな」と考えただけで、出会い系サイトの業界的に考えれば、それほど実はマイナーなものではないのです。

むしろ、もしセフレという男女関係を望んでいるのであれば、そういうものを本当に実現できる場所が出会い系サイトくらいしかないので、もし自分がセフレを募集しているんだったら迷わず出会い系サイトを利用するという人が多いんです。セフレという男女関係については、賛否両論ももちろんあるので、セフレという男女関係を助長しているといって、出会い系サイトを利用していること自体が否定されてしまうことも珍しくないのですが。このあたりの事情が、すごくむつかしいですね。

お金が十分にあれば、援助交際でも楽しめると思います

援助交際というのはお金で人を買う行為なので、人聞きはかなり悪いかもしれませんが、お金があったほうがより楽しめるというのは事実です。もともと、出会い系サイトを利用して援助交際を行うことについて抵抗を感じる人は多いですが、感じない女子大生などにとって、援助交際はまさに絶好のお小遣い稼ぎです。

よほど生理的に受け付けない男性もいるでしょうが、お金さえもらえるんだったら、たいていは相手の要求を呑んでしまいます。また、私はこういうプレイがどうしてもだめだというような注意は、きちんと本番前に教えてくれるはずなので、まずは出会い系サイトを利用して援助交際のためのパートナーを選ぼうと考えている男性にとっては、自分がどういうプレイを望んでいるのか、お金を払えばそれをしてくれる女の子はどこにいるのか、具体的にどれくらいの金額を出せば要求をのんでくれるのか、だいたいそういうことを考えながら相手を選ぶべきだと思います。

要はお金なんですよ、極端な言い方をすれば、金額次第で相手の女の子から受けられる法師のレベルも変わってきます。十分にお金を出せば少々むつかしい要求でも応えてもらえます。

私は実際に、出会い系サイトを利用して援助交際を楽しんだことが何度もあります。どうしても二人の相性が話なくて関係が長続きしなかったという場合はありますが、そうでなければ、できるだけ十分なお小遣いを渡すように心がけて、そばにいてもらっています。

女の子の側にとっても、安定して十分なお小遣いをくれるお客さんというのは貴重なので、VIPとしてそばに置いておきたいものなのです。深刻なトラブルなどがない限り、お金の力で絆をとどめておけるのが援助交際の特殊なところです。こういうところを不潔だとして嫌う人が多いのは分かりますが、大人同士の関係なのであまり他人に口出しできる問題でもないですし、当人たちの間できちんと利害関係が成立しているんだったら、援助交際という関係も十分にありなのかなというふうに個人的には思います。

年始からかなり話題になっている援交サイトはコチラ

とにかく相手は誰でもいいからセックスしたい……というのは厳しい

出会い系サイトを利用すれば、男女ともにだいたいどのような出会いでも実現できます。
友達作りのために利用するのもよし(まずはメル友からというステップであれば、男女ともに固くなりすぎず、スムーズに親交を深められる可能性が高いです)まじめに恋人探しをするのもよし、そして、セフレというちょっと大人の関係を持つのもアリなんですよ。
セフレとの関係は、どっちかというとやっぱり不倫の関係になる場合が多いです。
出会い系サイトを利用するのでもない限り、なかなか不倫の関係を作ることは難しいでしょう。
婚活パーティーなどで不倫相手を探すことは不可能ですしね。
だから、セフレを探すというのは出会い系サイトならではの出会い方であるということも言えるわけです。

確かに、私自身が実際に中高年向けの出会いアプリというアプリを利用してきた実感からすれば、出会い系サイトというのはもともと、結婚相手を探すみたいなまじめな目的で利用するより、セフレとかメル友(どうしても寂しい時の話し相手)のほうが探しやすいような気がするのです。
どうしてかといえば、出会い系サイトを利用して出会いを求めている人の中には、初めからセフレ目当てだという人の数がやっぱり多いからです。
女性は出会い系サイトを利用してまじめに恋人探しをしている、真面目な出会いしか求めていない、というようなことを言う人は確かにいますが、私の実感としてあまりそういうことは無いですね。
出会い系サイトは確かに便利なサイトですが、ネットでつながった者同士のコミュニケーションが中心となるので、どちらかというと相手のことが信用できない部分も多いというか、結婚相手を探すとしたら相手に関する情報がちょっと少なすぎるから不安があるとか、そんなふうな感じで、出会い系サイトを利用して探すのは友達、という人がやっぱり多いですよ。

繰り返しますが、セフレという特殊な男女関係のパートナーを探せるのは基本的に出会い系サイトだけだということになれば、なおさら出会い系サイトにはセフレとの出会いを求めている男女が集まるというのも当然のことですよね。
まじめに婚活がしたいという人はきっと、出会い系サイトではなくてお見合いなどのサービスを利用するのでしょう。
最近では婚活に関するビジネスもすごく活況だといえますからね。

じゃあ、出会い系サイトというのはほとんどセフレを探すための専門サイトなのか、というふうに割り切って、たとえ優良な出会い系サイトを利用している場合でも、それを利用している間はセフレとの出会いしか考えない、という極端な思考をする人がいます。
もちろん、出会い系サイトを利用する目的に関しては人それぞれ自由なので、他人があれこれと口出しする権利はありません。

でも、出会い系サイトを利用すれば簡単にセフレと知り合うことができて、やりたいときにいつでもセックスしまくれる、というふうに考えるのは間違いだと私は思います。
女性とお付き合いするというのは、それほど簡単なことではありません。

自分がまだ結婚を考えないから、まだいろいろな子を相手に遊んでいたいからといって、相手の女性にもそういう考え方を押し付けるのは間違いです。
基本的に、本当に関係のいい男女というのは、本物の恋人同士であろうが、セフレとしての関係であろうが、他の人から見れば理想的な恋人同士の関係にしか見えないものなんですよ。

理想的な男女関係を築くことができている人というのは、どのような関係であって相手の気持ちを考えることができる人です。
私自身、それなりに長い間出会い系サイトを利用し続けていますが、特に女性にとって、男性とお付き合いしている間は、その人との関係がセフレなのか恋人なのかということは、正直どうでもよいものなのです。
誰かと一緒にいる間は、その人のことが一番大事だというものだし、またそういうふうに考えたいものです。
そしてもちろん、お付き合いしている間は、相手の男性にも同じように、自分のことを一番大事にしてほしいのです。

女性がこのように考えているのに、相手の男性が「とにかく誰でもいいからセックスがしたい」と考えているような状態では、女性との関係がうまくいくわけありません。
自分のことを一番大事にしてくれないと分かっている相手と、わざわざセックスしたいと考える女性がいるわけありません。
女性が、この人とセックスしたいと考えるのは、とにかく自分にとって一番大事だと思える人、自分が一番好きな人なのです。

だから、出会い系サイトを利用して出会いを求めている場合であれ、そのほかの方法で出会いを求める場合であれ、結局のところ素敵な出会いを実現できるのは、相手の女性の気持ちを考えている男性なんですよ。
出会い系サイトを利用して知り合ってからセックスをするに至るまで、本当に好かれる男性というのは、相手の女性のことしか考えません。
要するに一途な男性がモテるんですよ。
もちろんそうでない例外もあるんですけどね、仮に自分が「出会いがなくて寂しい」ということで悩んでいるのであれば、男女の出会いのことでほとんど苦労しないような一部の例外を探してもあんまり意味がないのではないかなと私は思います。

とにかく女性とセックスしたいということをあからさまに態度に出してしまうと、それだけでも嫌われてしまうのが普通です。
特に女性は、男性が持つ下心に非常に敏感です。
敏感というか、男性にとってはそれはただの被害妄想ではないかといいたくなるようなことでも、例えば女性が不快に感じたのであればその考え方が正しいということになってしまいます。

持てる男性というのは、なんというか気持ちに余裕があって、下心を女性に悟らせないので、割とセフレを探すのにも苦労しないみたいです。
誰でもいいからセックスしたいなんてことは、たとえ本当にそんなことを考えていたとしても言葉には出さないですから。

極端な言い方ですが、女性にとってみれば、誰でもいいからセックスしたいといわれるのがむちゃくちゃ腹立つものらしいです。
そんな言い方をするくらいだったら、何が何でもあなたとセックスしたいといわれるほうがまだましなのだという話を聞いたことがあります。
要するに男性から、お付き合いするなら絶対にあなたしかいないといわれるのが、女性にとってはしあわせなことなのです。
ただし、女性が幸せを感じるのはあくまで、好きな男性からそのようなことを言われた場合に限りますけれど。
なかなか男女の関係というのは難しいものですね。

休日のテレクラ

休みになるとどうしても癖のようになって行ってしまうテレクラサイト
僕には婚約までしていた相手がいましたが、彼女の浮気が発覚して白紙に戻しました。
それから女性に対して本気にならないようにしています。
今はテレクラで知り合って会える子とエッチをして不満を解消しています。
こうした生活が今はすごく癒されるものになっているのです。
本気で幸せにしたいと思っていた相手に裏切られてしまうと、こうした感じになってしまうのです。
テレクラと言っても、昔と違って陰気なイメージはまったくありません。
個室にはDVDをみれる環境ですし、室内も綺麗です。
また、好みの女性を伝えることで女性からの電話がかかってきます。
テレクラでは楽しい話をして終わってしまうときもありますし、エッチなことを言い合ってテレフォンセックスをしているときもあります。
相手の女性を想像しながらマスターベーションをすることで、すごく気持ちがいいのです。
また、耳元で言われる僕を求めるような言葉も一つの興奮材料にはなっています。
相性がよければ、相手と直接会うこともできますので本番も可能です。
初対面の女性とするセックスは、かなり興奮するものですよ。
相手のことを何もわからないまま、体を重ねていくのですから。
エッチをすることで、相手の性格や雰囲気などを知ることができて楽しいです。
結局セックスしてしまうと、すごく仲良くなれるものでおもしろいところでもあります。
何も交際期間を設けてお互いを知っていくような形をとらなくても、最初にエッチしてしまえばすぐに仲良くなれます。
僕はこうしたことで、数人の女性とセフレ関係ももっています。
目的がエッチだけになってしまわないように、電話では楽しい話をしていますし相手の悩みなども時には聞いてあげています。
休日の過ごし方はほとんどテレクラですが、僕はこれで満足しています。
そしてこれからもしばらくはテレクラを使ってセックスをして、体の不満を解消していくのだと思います。